Staff

日野営業部
営業グループ
K.Shibata

プロフィール

某大手芸能事務所に3年半ほど勤務した後、結婚を視野に転職を決意。安定して働ける環境を求めて、日野トレーディングへ。福岡営業所でディーラー向けの営業を担当した後、2017年に本社へ転勤となり、現在は日野自動車に対する各種設備・資材等を中心とした営業を担当する。明るいキャラクターで多くのお客様から慕われるほか、数か月前には男児も誕生するなど、公私ともに充実。

※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

とある一日のスケジュール

7:00

7時:起床

8:00

8時:出社

自宅から会社まではバイクで15分ほど。

8:15

8時15分:始業

朝礼を済ませたら、だいたいいつも午前中はデスクワーク。
メールチェックに始まり、お客様からの問い合わせ、見積もり依頼、発注手続き、提案のための情報収集などをまとめて片付けて、午後に外出する時間を捻出します。

12:00

12時:昼休憩

みなさん静かに過ごしているので、空気を読んで自分も省エネモードでランチ休憩。

13:00

13時:外回り

午前中から一転、午後は外回りの営業に出発。

13:15

13時15分:日野工場で営業スタート

営業先は、日野自動車の日野工場などがメイン。開発や実験、デザインなどの部署を中心に毎日6部署ほどを回ります。お客様とは進行中の案件の打ち合わせをしたり、相談事に対する回答をしたり、なにげない会話の中からも、次の提案のヒントを探ります。

16:00

16時:情報整理

その日にお客様からいただいた相談事や課題を整理し、翌日以降の対応予定や提案プランなどを検討します。

17:15

17時15分:終業

年度末などの繁忙期以外は、ほとんど残業はなし。急いで家に帰って、子供の顔を見る時間が何よりの宝物。

インタビュー

この人に相談すれば、何とかしてくれる。

グループ企業のみなさんが相手ですから、利益ばかり求めてもしかたがない。数字も大事ですけど、それよりも「どうしたらその人の仕事がうまくいくか?」を考えることが僕たちの役割だと思っています。「お客様第一」のスタンスで動けるので営業としては非常にやりやすいですね。「営業マン」というより、「なんでも相談できる人」みたいな感じです。「とりあえず柴田さんに相談すれば何とかしてくれる」と思ってもらえることが、この仕事の根幹だし、大きなやりがいだと感じています。

ご要望を満たすだけでなく、そこに“プラス1”の提案を。

お客様の要望に応えるだけでなく、そこに“プラス1”のアイデアを盛り込むようにいつも意識しています。「こういう商品を求めているなら、きっとこれもセットで売れるだろう」というのはもちろんのこと、たとえ売り上げに直結しなくても、お客様の役に立つような資料を自主的に作ったり、そうやって日々、信頼を積み重ねていくことがとても大切。種をまいておけば、いずれ実を結ぶ時が来ますから。

Join Us!

新卒採用
エントリー
(新しいタブで開きます) (新しいタブで開きます)
中途採用
エントリー